等価時間サンプリング

等価時間サンプリング オシロスコープのサンプリング方式の中には様々な方法がありますが、一般的には等価時間サンプリングがよく利用されます。この方法はオシロスコープ上の時間設定に従い、このサンプリングのタイミングに合わせてトリガの入力に基づいて波形を測定する方法です。この方法の場合にはサンプリングの時間によってその制度が変わるため、短時間であればより詳細に波形の情報を測定できる反面、長時間の測定ができなくなると言うポイントがあります。逆に長時間の設定にすると細かな情報が取得できないため利用方法には注意が必要です。
一方、シーケンシャル等価時間サンプリングは時間軸の設定にかかわらずトリガの入力の精度に従いサンプリングを行う方法であるため、時間軸の設定の影響を受けないと言うメリットがあります。しかし、長時間の波形を確認する際にはメモリ容量が十分ではない場合があり、測定をすることができません、シーケンシャル等価時間サンプリングは時間軸が不明瞭な出力波形などを測定する際によく利用されます。

オシロスコープの水平システムの時間軸の選択について

オシロスコープの水平システムの時間軸の選択について オシロスコープの水平システムは、サンプルレートやレコード長などの入力信号の取り込み方式と密接な関係を持ち、水平操作部で時間軸(横方向)に波形の位置を移動させることができる、サイズを変更することができるなどの選択肢も可能にします。
オシロスコープには2つ以上の入力が可能になる製品が多くありますが、周期だけが同じで時間的なずれを見たいときには、それぞれの測定点にプローブを接続することで画面上に時間のずれを見ることが可能になります。最初の信号は垂直システムに入力を行い、もう一つの信号を水平システムに入力します。
ちなみに、これはX軸とY軸は両者ともに電圧を追跡しているためXY測定と呼び、この方法で測定した波形はリサージュ波形と呼びます。水平確度(時間軸)や水平軸掃引はオシロスコープの専門用語、水平確度は信号のタイミングをどれだけ正確に表示できるかパーセント誤差で表示するもの、水平軸掃引は波形を描くためのシステムの動作を表します。